伊豆ダイビングスポット情報!

日本のレジャーダイビングの発祥の地であり、世界的に見ても有数とスキューバダイビングのスポットと言えば伊豆半島です。一般には、小笠原諸島や沖縄が有名かもしれませんが、ダイビングの雑誌ではかならず特集されるほどですし、海外から見てもと負けず劣らずの場所なのです。   半島の付け根にあたる東の熱海から、西の沼津までを海岸沿いに、半島を一周すると約200㎞になります。   その200kmの間に点在するダイビングスポットですが、大きく分けると3つに分かれます。 それが、西伊豆、南伊豆、東伊豆です。 それぞれに潮や風向きが異なり、海の雰囲気も大きく変わります。それでは3つに分けて特徴とダイビングスポットを見ていきたいと思います。
伊豆半島の地図

東伊豆エリア

東伊豆といえば、日本のレジャーとしての潜水のメッカ(誕生の地、聖地)とも言える場所である伊豆海洋公園を中心に、関東からは一番近いダイビングエリアとして人気です。観光地としても熱海、伊東を中心として多くの観光スポットや温泉を抱える一大リゾートと言っても過言ではないでしょう。   このエリアの魅力は、関東側から来るとJRや伊豆急行などの公共交通機関を使ったアクセスが容易であること、ダイビング施設が整備されているスポットが多いこと、ダイビング以外にも観光やショッピング、温泉、グルメなどが楽しめることです。

IOP(伊豆海洋公園)

日本のレジャーダイビング発祥の地、日本のダイバーなら一度は行くべし!

ポイント名:1の根

多様な地形と環境で、趣きの異なる様々なダイビングスタイルと生態系が楽しめるIOPを代表するビーチエントリーポイントでメインとなるのは「1の根」と呼ばれる沖に突き出した大きな根(岩が根っこのようになった地形のことを根と呼ぶ)。水深は一番浅いトップで5~6m、年の先端のボトムで30m前後。 浅いところから深場までと岩場に住む生物とソフトコーラルを楽しむことができる。特に根の先端ではソフトコーラルも美しい。エントリーからさほど離れていないが浅場から深場まで楽しめるところが魅力。深場が美しいので長居しすぎないように注意。根の先端には砂地が広がっており、その砂場周辺の生物も観察可能。

ポイント名:1.5番の根

1の根の南側、エントリーから見ると遠くの側にあたる。根といってもかなり大きな舌のような形状で全体を一目で捉えることはできないので、説明されないとわからない。根のトップの水深は15~18mで砂地がある。その砂地に、カメがいたりすることも。。。。

ポイント名:砂地

IOPと言えば、広大で美しい砂地も代表的なポイントです。流れもなく緩やかなことが多いポイントで、IOPを代名詞となっている「水中郵便ポスト」もあります。このポストにはラミネートした葉書をリアルに投函することができます(後日回収され、本当に郵便として届けられる!) 砂地の生物をじっくり観察できるのも魅力ですが、上を見上げると中層にアオリイカやアジの群れがいることもしばしば。

ポイント名;送り出し

エントリーポイントからほど近い、水深5-6mの楽しい浅場「オクリダシ」。ポイントというよりも ダイビング終了前の安全停止や、講習で使われることが多いですが、珍しい生物を確認することも多く、魅力満載です。ここだけでも十分ダイビングが楽しめます。

ポイント名:2の根

シイラやワラサなど大型回遊魚が見られることもあるビックポイント。 「1の根」からずっと南に進むと現れるが距離があるので上級者ポイントとして知られている。 1の根よりもかなり大きい2の根。先端は3の根、4の根というふうに枝分かれしている。トップの推進は10-13mでキンギョハナダイの群れが本当にすごくて美しい。それをみるだけでも十分に満足できる。南側と北側は崖のような地形になっていて、特に北側にはサクラダイやカエルアンコウ類が付いていることが多い。シラコダイが群れていることも多く、沖縄のような雰囲気がある。

ポイント名:ブリマチ

エントリーから北側に位置する。2の根と同様、距離があるため、上級者向けポイント。とにかくソフトコーラルが多く、美しい。ワラサやブリ、ハンマーヘッドシャークなどの回遊魚が回ってくることが多い。ブリを待つという意味でブリマチなのか。ただし、エントリーポイントからの距離もあり、流れもあることが多く、地形の目印も初心者ではわかりにくいの注意が必要。

ポイント:サンカク根

基本的にボートで向かうスポット。IOPからは水中スクーターで向かうことができる。上級者ポイント。ほとんどダイバーが入らないポイントなので、人による影響が少ないワイルドな雰囲気。流れがあり、傾斜もあるので深度の管理が難しい。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ビーチ
  • 参加条件 オープンウォーター以上
  • 催行人数 2名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • 器材
  • PPB
  • ドライスーツ
  • ナビゲーション
  • マルチレベル
  • 魚の見分けかた
  • フォトグラファー
  • ビデオグラファー

富戸

代表的なするダイビングポイントの一つ。美しい砂地が有名。晴れた日にダイビングすると、イソギンチャクと海藻のゆらめく中に、光が降り注ぐ光景を見ることができるが、それは圧巻の美しさで、感動してしまう。

ポイント名:ヨコバマ

富戸のメジャーポイント。ビーチエントリーだが、すぐに5-8mの浅場になるのでエントリーしやすい。すぐに砂地が広がっている。東側へ行くとイソギンチャク畑が広がり、光の降り注ぐその光景は極めて美しい。海況がよければ「富戸ホール」と呼ばれる岩のアーチを見ることができる、奥に進めば、岩場にカエルアンコウなどの生物を見ることができる。 砂地は真っ白で美しく、富戸の海の美しさの代名詞となっている。生物も、ミノカサゴやセミホウボウなどが見られる。5-6月頃はアオリイカの産卵床が設置され、アオリイカの産卵シーンの観察も可能。

ポイント名:脇の浜

富戸港の西側のビーチエントリーのポイント。ビギナーでも安心してダイビングできる。広大な砂地が広がっていてダイビングしやすい。点在する岩礁に生物が住み着いており、観察しやすい。ネコザメやヒラメ、カスザメ、サカタザメなどの大物も見ることができる。砂の色が「ヨコバマ」に比べ、ややダークな印象になっているので、生物が異なる。

ポイント名:マエカド、フタマタ

富戸と言えば漁船で向かうボートダイビングも有名。.港から近いポイントへ漁船にのってダイビングへ向かうが、これぞ日本のダイビング、という気持ちになれる。 ポイントは港から3-5分ほどで到着できる。外洋にやや突き出しているためか潮が流れていることが多いので、エントリー時は注意が必要。中上級者向けのスポットと言えよう。ただ、潮に面しているためイサキやタカベの群れはもちろん、ブリやワラサ、カンパチ、トビエイなど回遊魚も回ってくる。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ビーチ、オプションでボートダイビング
  • 参加条件 オープンウォーター以上
  • 催行人数 2名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • PPB
  • ナビゲーション
  • ドライスーツ
  • サーチ&リカバリー
  • 器材
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • マルチレベル
  • 魚の見分けかた
  • フォトグラファー
  • ビデオグラファー

八幡野

ビーチエントリーとボートエントリーが可能なダイビングスポット。富戸、IOPとならび、東伊豆の代表的なポイントの一つ。ポイントがいくつもあり、多様な生物観察が楽しめる。

ポイント名:あじ根

港の左脇のスロープからエントリーして、浅場を移動すると突如現れる大きな岩礁。岩礁の周りに沢山の生物が住み着いており時間をかけてゆっくり観察して楽しめる。その周りにも砂地や岩など変化に富んだ環境が存在し、そのため生物も多様。写真派ダイバーに人気のスポットと言えよう。若干同じような景色が続く場所もあり、迷いやすいこともあるので、リーダーの指示にはしっかり従うことが推奨される。最大水深は15m程度なのでマイペースでじっくりダイビングが楽しめる。ビーチから見た時に、右手側は船が通る航路になっている。ダイビングは潜水禁止のエリア。ダイバーは行かないようにしよう。また、頭上には注意しよう

ポイント名:あお根

ボートで行けるポイント。水深が浅く、生物も豊富。ビギナーが楽しめるスポット。 大きな根を中心にダイビングを楽しむスタイルで、水深10~18mの砂地が根の周りにひろがっている。ダイビングの楽しみ方としては砂地と根の周辺をぐるぐると回りながら、岩場でカエルアンコウなど生物を見つつ、エイなどの砂地の生物を楽しむパターンもある。

ポイント名:さざえ根

富戸と言えば、ボートのさざえ根と言ってもいいほど、人気のスポット。ボートでわずか3分ほどの近場に位置する。魚も多く、水深20-23mほどから上に立ち上がる根の周りをダイビングするスタイルが主流。キンギョハナダイの群れは圧巻。砂地では、多様な生物が見られる。根の岩の間にも生物が隠れており、それを観察したり.探すのも楽しみ。根周りで多様なダイビングコースが楽しめる。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 1ボート 1ビーチ オプションでナイトダイビング
  • 参加条件 ボートスペシャリティ保持者 or 受講者 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ビーチエントリーはオープンウォーターランク可
  • 催行人数 2名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ナイト
  • フォトグラファー
  • 器材
  • PPB
  • ドライスーツ
  • ディープ
  • ナビゲーション
  • ナチュラリスト
  • マルチレベル
  • 魚の見分けかた
  • ビデオグラファー

川奈

多様なポイントとダンゴウオ 。 7つのボートポイント+ビーチ。迫力の地形や見ごたえあるエイ・サメなどが楽しめる。春先には超絶かわいい生物のダンゴウオがよく観察されるポイントとしても有名です。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 1ボート+1ビーチ
  • 参加条件 ボートダイビングはボートスペシャリティ保持者 or 受講者 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ビーチエントリーはオープンウォーターランク可
  • 催行人数 5名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ナビゲーション
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • 魚の見分けかた
  • フォトグラファー
  • ビデオグラファー

熱海

日本有数の沈船ポイント熱海。 沈船とはその名の通り海に沈んでいる船のことで、船が朽ち果てていく過程で水生生物が船体に付着し、成長したり、船内に穴が開いたりすることで、生物の隠れ家になったりして、多様な生態系が作り上げられます。 日本NO.1の大きさの沈船がある熱海。他とは違った神秘的なダイビングが出来ます!!
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートダイビングはディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or 受講者 フロート携帯
  • 催行人数 5名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • レックダイビング
  • ボート
  • ディープ
  • マルチレベル
  • ナチュラリスト
  • 魚の見分けかた

伊東

伊東は港からボートで出向するダイビングスタイルですが、特徴的なのは垂直に切り立ったドロップオフがあること。ドロップオフといえば、潮のあたりがよく、そこには回遊魚たちがやってくることが多いのです。それだけでなく、棚と呼ばれるドロップオフではない場所もあり、季節回遊魚・マクロなども多く、見所満載の海です。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートダイビングはディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or 受講者 フロート携帯
  • 催行人数 3名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • 魚の見分けかた

北川

鮮やかなソフトコーラルが多く、水中に広がるその姿は別世界!春先はウミウシ天国♪
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートダイビングはディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上フロート携帯
  • 催行人数 2名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • 魚の見分けかた

西伊豆エリア

西伊豆はダイナミックな地形と富士山を相模湾の先に臨む絶景が有名な地域です。東の海洋公園、西の大瀬崎と言われる、関東から東海地方のダイバーにとっては知らない人はいないほどの有名な大瀬崎を玄関口に、青い海が特徴の井田、黒潮が当たり多様な生態系がある雲見や田子など、多様且つ特徴的なダイビングスポットが多いです。東に比べるとのんびりしていて、何より景色が素晴らしい。ゆっくり過ごすにはもってこいの場所です。
 

大瀬崎

初心者に優しく、ライセンス取得といえば大瀬崎。 大御所の大瀬崎!外海5ポイント+先端+湾内とエントリーポイントは豊富。昨年はマンタ情報まで♪ ナイトダイビング開催日はオプションでナイトも楽しめます。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ビーチ、オプションでナイトダイビング
  • 参加条件 オープンウォーター以上
  • 催行人数 2名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ナイト
  • PPB
  • ナビゲーション
  • サーチ&リカバリー
  • ドライスーツ
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • マルチレベル
  • 魚の見分けかた
  • フォトグラファー
  • ビデオグラファー

井田

青くて透明度の高い「井田ブルー」が待っている井田。 魚影の濃さは一番!井田ブルーと呼ばれる透明度が良い海が迎えてくれます。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ビーチ
  • 参加条件 オープンウォーター以上
  • 催行人数 2名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ディープ
  • PPB
  • ドライスーツ
  • ナチュラリスト
  • マルチレベル
  • 魚の見分けかた
  • フォトグラファー
  • ビデオグラファー

初島

一番近くのリゾートアイランド初島。 日帰り出来る離島ダイビング。名物はジョーフィッシュ・ネコザメ。ソフトコーラルも満載!
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ビーチ
  • 参加条件 オープンウォーター以上
  • 催行人数 2名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ナチュラリスト
  • フォトグラファー
  • 魚の見分けかた
  • ビデオグラファー

土肥

魅惑の沈潜ポイント、土肥。 様々なサイズの沈船があるこのポイント。船体のいたるところにソフトコーラルが映え天然大漁礁状態の為、見ごたえあり♪
開催コース
  • ダイビングスタイル: 1ボート+1ビーチ、オプションでナイトダイビング
  • 参加条件 ボートダイビングはボートスペシャリティ保持者 or 受講者 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ビーチエントリーはオープンウォーターランク可
  • 催行人数 5名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • レックダイビング
  • ボート
  • ナイト
  • ナビゲーション
  • ナチュラリスト
  • 魚の見分けかた

雲見

ダイナミックで多様な地形が楽しめる雲見。 バラエティ豊かな地形が魅力。クレパスや洞窟・アーチなどの地形をくぐり抜けたり、光のシャワーを浴びたりとアドベンチャーチックなダイビングが出来ますよ♪
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートダイビングはディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 フロート携帯
  • 催行人数 3名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • 魚の見分けかた

田子

外洋と湾内、それぞれに多様なダイビングスタイル、田子。 外海では巨大根に魚影が舞うダイナミックな地形、内海ではエダサンゴのような穏やかな景観が楽しめる。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートダイビングはディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ボートスペシャリティ保持者 or 受講者 フロート携帯
  • 催行人数 3名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • マルチレベル
  • 魚の見分けかた

浮島

ウミウシの天国浮島。 マクロ大好きな人にはもってこいのポイント。ゆっくりじっくりと生物探しをしませんか?
開催コース
  • ダイビングスタイル: 1ボート 1ビーチ
  • 参加条件 ボートダイビングはボートスペシャリティ保持者 or 受講者 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ビーチエントリーはオープンウォーターランク可
  • 催行人数 3名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ディープ
  • ナビゲーション
  • ナチュラリスト
  • フォトグラファー

南伊豆エリア

伊豆半島の南端側に位置するエリアで、黒潮の流れに最も近く、その恩恵をより強く受けているエリアです。 黒潮に近く、外海に突き出したエリアなので半島の中でも透明度が高く、大型の回遊魚や季節回遊魚などが多く見られるエリアでもあります。流れがあることが多いので基本的に上級者を中心とするダイビングスポットとなりますが、目標にしているダイバーも多く、ここを潜れるのであれば世界のどこのダイビングスポットを潜ってもある程度安心してダイビングできると考えてもいいかもしれません。

神子元

黒潮の支流に乗って回遊魚の群れを大物が続出することで知られる神子元。6~11月に見られるハンマーヘッドシャークが有名。 ここでは一匹二匹程度ではなく、ハンマーヘッドシャークが群れとなって見られる日本でも有数のダイビングスポットとして有名です。国内では、与那国島と神子元島の二つが有名な場所ですが、ハンマーヘッドシャーク以外にも、運が良ければマンボウやジンベエザメも出現する魅惑のスポットでもあります。 季節によってはワラサ(ブリ)の群れなども見られ、海の豊かさを代表するような、ダイビングスポットしても最高峰にあたる場所です。   外洋にぽっこりと灯台があり、その周りも潜りますが、潮流の流れは複雑で外洋ということもあり、上級者のみダイビングすることが可能です。シャークアイにおいても、このスポットを潜ることを目標にしているダイバーもいるほどです。  
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートスペシャリティおよびディープダイビング保持者 or 受講者 ドリフトダイビング保持者 or 受講者 アドバンスドオープンウォーター以上 フロート携帯 ※スタッフによるカウンセリングが必要です。
  • 催行人数 3名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ドリフトダイビング
  • ボート

中木

黒潮の支流に乗って回遊魚の群れを大物が続出することで知られる神子元。6~11月に見られるハンマーヘッドシャークが有名。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートダイビングはボートスペシャリティ保持者 or 受講者 or アドバンスドオープンウォーター以上で50本以上のダイビング経験、ドリフトダイビングのスペシャリティ保持者 or 受講者 フロート携帯
  • 催行人数 3名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ドリフトダイビング
  • ボート

安良里

初夏にはトビエイが乱舞♪運がよければ一度に数十枚見れることも。毎年5月~7月まで見られます。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 2ボート
  • 参加条件 ボートダイビングはボートスペシャリティ保持者 or 受講者 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 フロート携帯
  • 催行人数 3名
  • 取得可能スペシャリティ(SP) 赤文字はお薦めSP
  • ボート
  • ディープ
  • ナチュラリスト
  • 魚の見分けかた
 

大島

南伊豆から沖合に出て一番近くのビックアイランド、大島。半島の外に出てしまったのですが、世界でも有名な人気のスポットです。 近くのアイランド♪海岸から沖に見えるこの島が半端じゃない!季節来遊魚・マクロとも豊富。夏~秋にかけてはオナガザメの一種:ニタリがかなりの頻度で目撃される。
開催コース
  • ダイビングスタイル: 3ビーチ
  • 参加条件 ディープダイビングのスペシャリティ保持者 or アドバンスドオープンウォーター以上 ビーチエントリーはオープンウォーターランク可
  • 催行人数 5名

ダイビング スポット・コラム