ダイビングライセンスの取り方(11) 結局、何日掛かるのか?

2019-04-07

ダイビングを始めよう!と思ったら、いつかはやってくるライセンスの取得。
お店に行ってみたり、インターネットで調べたり、いくらかかるのか調べてみたり、先輩ダイバーの話を聞いてみたり。。。。色々とお悩みは尽きません。

その中でも、最も多い悩みの一つが「で、結局、ライセンスの取得って何日掛かるのですか?」というもの。

出来れば早く取得したい、短く済ませたいと思うものです。
一方で、安全のことを考えるとしっかり学びたいとも思うもの。

そのあたりバランスを考えるとどのくらいが適切なのか。。。。。

今回はそのあたりのライセンス取得にかかる時間について解説してみます。

ライセンス取得の講習に掛かる時間は3日間

ライセンス取得で最も多い質問の一つが、講習に掛かる時間に関する質問です。
ダイビングという水中や海を使ったスポーツという特性上、どうしても海や水中で過ごす時間は確保しなければなりません。
そうでなければ、想像ではダイビングは出来ません。

ライセンス取得のためにはプールや海に出かける必要があり、その時間がどれくらいかかるのかが実際に知りたいという声は多いのです。

ダイビングはしたいけど、講習は短い方がいい。。。。そういう風に誰しも考えることですし、それは普通だと思います。
では、実際どれくらいなのか?

ダイビング講習の実習に掛かる時間は最低3日間です

3日間というと長いと感じられる方もいるかもしれませんし、短いと考える方もいらっしゃいます。

しかし、多くのライセンス発行団体のライセンス取得教育プログラムの学科講習を除く、実習部分では3日間が基本です。
2日間という短いものもなくはないですが、かなりの詰込みで、恐らく通常の方では、短期間で覚えられる範囲を超えます。
従って、ライセンスは取得したけれど、ちょっと危ない初心者ダイバーになってしまうリスクがあります。

従って、3日間は平均というか十分な時間として必要になると考えています。

3日間の実地講習の内訳は?

では、その3日間、どのような内容の講習が行われるのでしょうか。
以下、平均的なプログラムを記載します。

1日目はプール実習で基礎的なスキルをみっちり学びます。
このプール講習が非常に重要です。

上手になるダイバーはこのプール講習で学ぶ基礎をしっかり反復して出来るようにします。
基礎なので、簡単に出来そうですし、出来てしまう方もいらっしゃいますが、問題は出来るかどうかではなく、「ちゃんと」「正しい動作で」「落ち着いて」「素早くできるか」が重要です。

1回上手くいったから安心するのではなく、何度も反復練習して、自分の体に覚え込ませることで、上手なダイバーになることが出来ます。
この基礎の部分をしっかり練習する人は、必ず上手なダイバーになります。
最初は出来なくてもいいのです。しっかり繰り返しやることが重要なのです。

次に行うことは主に海で行う海洋での実習です。

 

こちらはプールと違って、流れや光の加減が違い、風や波もあるので、安定していません。
その環境の中で如何にしっかり先ほど練習した基礎スキルについて戸惑いなく、ミスなくできるかをインストラクターは見ています。

正直、結構容易ではないです。運動神経がある人ほど過信しやすく、しっかり基礎練習をしている方のほうが実際の海でも落ち着いていますし、スキルの習得も早いと思います。

そして、3日間は必要なのか

この質問に対する答えは、間違いなく「YES」です。

基礎と実践の両方を体験し、そこで必須とされる技術をしっかりと身につける。それが後々のダイビングライフを自信をもって過ごせるかどうかを左右するといっても過言ではないと思います。3日間という数値に一喜一憂してはいけません。

ダイビングをしっかり学び、技術を身につけ、独り立ちして楽しめるようになることがゴールなのですから、最初の3日間は必要な投資だと思ってください。そう考えたとしても余りあるほど、最初の講習というのはとても大事なのです。

この講習を省略されたり、いい加減な感じの講習を受けてしまうと、その後にダイビングを楽しめなかったり上達が遅れたりします。
従って、3日間は必要なものだと捉え、その上でご都合に合わせて実地講習を選択していくというのがベターだとは思います。

ダイビング ライセンス関連記事

  • ダイビングの楽しみ方の種類とは?

    いざダイビングを始めよう!と思って色々調べてみると、ダイビングスクールは沢山あるし、ライセンスの取得コースも値段も手法もピンキリに見える。。。。 結局どれがいいのかわからないよ。。。。という声をよく聞きます。 確かに、と […]

  • ダイビングライセンスの取り方(11) 結局、何日掛かるのか?

    ダイビングを始めよう!と思ったら、いつかはやってくるライセンスの取得。 お店に行ってみたり、インターネットで調べたり、いくらかかるのか調べてみたり、先輩ダイバーの話を聞いてみたり。。。。色々とお悩みは尽きません。 その中 […]

  • ダイビングを始めたら、次は水中写真にチャレンジ

    ダイビングのライセンスを取得する前から、あるいは取得後に、かならず一度は考えることが「水中写真をとってみたい」ということ。 青い海の美しさを記録しておきたい、カラフルな魚たちの愛らしい姿を撮りたい、家族や友達のダイビング […]

  • ダイビングのライセンスの取り方(10):器材の購入時期

    ダイビングのライセンスを取得するときに、ダイビング器材を買っておかないといけないのか、という質問をよくいただきます。 何もかも初めてのこと。何が必要なのか、そもそも買わないとできないのか、いろいろわからないことだらけです […]

  • 伊豆で始めるダイビングの魅力

    ダイビングのライセンスをどこで取るか?で悩む人は沢山います。 たくさんあって、しかもいろいろ種類もあって選ぶのが難しいという声をよく聞きます。 確かにダイビングショップやダイビングスクールは種類がたくさんあって選ぶの自体 […]

  • ダイビング ライセンスの取り方(9):講習プランの選択とショップの関係

    ダイビングライセンスを取得しようと思ったら、まずライセンス取得が可能なダイビングショップまたはスクールを選ぶことになります。 スクールを選択する基準の一つにもなるのが、どのような講習プランがあるか、ということです。 今回 […]

  • ダイビング ライセンスの取り方⑧:海洋実習では何をやるのか?

    ダイビングライセンスの取り方について、ダイビングスクールが解説してみるシリーズ、第8回目は海洋実習についてです。 コラム8回目で、ようやく海にたどり着きました(笑) 実際のライセンス(Cカード)の講習でも、意外にも海に […]

  • ダイビングライセンスの取り方⑦:プール講習では何をするの?

    ダイビングのライセンス(Cカード)の取り方について、ダイビングスクール シャークアイが解説するシリーズ、第7回です。 ダイビングのライセンスの取得を計画されている方からよくある質問のひとつが「プール講習では一体どんなこと […]

  • ダイビングライセンスの取り方⑥:学科講習では何をするの?

    ダイビングのライセンス(Cカード)の取り方について、今回も考えていきたいと思います ダイビングのライセンスの取り方でよくある質問の1つが「学科講習っていったい何をするの?難しいんですか?」というものです。 今回は、学科講 […]

  • ダイビングライセンスの取り方⑤:よくあるお悩みを解消

    ダイビングライセンス(Cカード)の取得にあたって、多くの方は「どうしたらいいんだろう」「不安だなぁ」と思われるはず。 それって新しいことを始めるのだから当然ですよね。 今回はダイビングライセンスの取り方を考えるにあたって […]

  • ダイビングライセンスの取り方④:アドバンスって何?

    海中世界への入り口として、一般的なのはダイビングにおけるオープンウォーターダイバーのライセンス(Cカード)です。 しかし、オープンウォーターダイバーのCカードを取ったその先には、「アドバンスド・オープンウォーターダイバー […]

  • ダイビングライセンスの取り方③:いつ取るのがいいのか?

    ダイビングライセンスの取得についてよくある質問の一つはライセンスの取得時期はいつがいいのか?ということです。 今回はその時期について、考えてみたいと思います。 最適な時期を考えるコツ ダイビングのライセンスの取得時期につ […]

  • Cカード(ライセンス)って、何なの?

    スキューバダイビングのライセンスといえば、Cカードのことですが、そもそも何なのか?ということを度々質問を受けます。 Cカードについては別のコラムでも書いているのですが、そもそも何?という素朴な質問に答えてみたいと思います […]

  • ダイビング ライセンスの取り方(2):アフターフォロー

    ダイビングを始めよう!と思っても何が必要なるのかわからないものです。 ライセンスの取り方で重要なポイントを解説していきます。 今回はライセンス(Cカード)取得後のアフターフォローについて書いていきます。 アフターフォロー […]

  • ダイビングのライセンスの取り方(1):ショップの選択

    ダイビングを取得しようと思ったら何を考える必要があるか。それはライセンスを取得することです。 日本も海外も基本的にライセンスなしでスキューバダイビングをすることはできません。 で、そこで一番課題となるのがダイビングショッ […]