持ち物チェックリスト

ダイビングでどんなもののが必要になるか、質問を受けることがよくあります。ここではダイビングに必要なものをチェックリストとして記載します。

ちなみにダイビングライセンスを取得する段階で必要なものと、ダイビングを本格的に楽しむようになってから必要になるものは異なります。そこでダイビングライセンスを取得する段階で持って来ていただきたいものには「○」を、持っていたほうがいいもの・事前購入を推奨するものは「△」を、つけていますので参考にしてください。なお、△は必須ではありません。購入すべきかどうかについてはお気軽にお問い合わせください。

ダイビング器材で必要なもの

・フィン △
・マスク △
・シュノーケル △
・ブーツ △
・メッシュバック
・BCD 
・レギュレーター
・ウェットスーツ(水温によりドライスーツ)
・フードベスト(ドライスーツの場合はフード)
・フロート
・グローブ △
・ウエイトベルト △
・アンクルウェイト(ドライスーツの場合)
・ダイビングコンピュータ(ある場合)
・水着  ○
・ビーチサンダル ○
・濡れてもよい長袖の上着  ○
・靴下(ドライスーツの場合)  ○
・長袖インナー(ドライスーツの場合)  ○

あると便利なもの

・酔い止め  ○
・日焼け止め  ○
・ボールペン(ログ付け、入国書類などに使用)  ○
・ウォータープルーフバッグ
・速乾性スポーツタオル またはバスタオル ○ 
・ログブック 
・ハンガー 

カメラ関係:お持ちの方は。

・カメラ本体
・カメラバッテリー
・カメラバッテリーの充電器
・メモリーカード
・ハウジング
・めん棒(ハウジングのゴミを除去)
・シリカゲル
・ハウジングのくもり防止液ジングのOリング(市販のツールキットもあり)
・ストロボ(アーム類含む)
・電池(ストロボ、ライト用)
・電池の充電器
・レンズ類

詳しいことはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

チェックリスト・コラム