マイ器材は最初から持つべきかどうか?

2016-03-30

ダイビングを始めるとき、ダイビングのライセンスを取得するとき、器材は最初から買ったほうがいいですか?という疑問をよく伺います。

もちろんダイビングライセンスを取得するにあたって、器材はあったほうがいいのですが、最初はどれが自分の体に合っているのかわからないということもあると思います。シャークアイではまずはレンタルでお試しすることをお勧めしています。

しかし、どうせ始めるなら最初から器材を買いたいという方もいらっしゃると思うので、今回はマイ器材の購入とマイ器材を持つことのメリットについて、少しお話したいと思います。マイ器材を持つことによるメリットは大きく分けて4つあると考えています。

メリット①:ストレスの軽減

マイ器材を持つことで、ダイビングをする時のストレスがなくなります。ダイビングは普段はやらない動きをしたり環境で過ごすので少なからず体にはストレスがかかります。特に、ライセンスを取得したばかりの頃はなかなか慣れないもので、慣れるまではストレスがかかりやすいと考えられます。

ですから、やはり自分にあった器材を持っているということは水中でのストレスをとても減らすことができます。器材もいろんな種類があり多様なのですが、自分の体のサイズに合っているか、体の動きにあっているかということがダイビング時の快適性を大きく左右しますので重要です。

レンタル器材では自分に合ったものを使うことが難しく、マイ器材であれば自分の体にあったものを選び、それを使い続けることで慣れることもできます。

レンタルでは毎回違う機材を使うことになったりしますので、なかなか器材のストレスが減ることが難しい傾向にあります。

例えば、レンタル器材でフィンを借りたとしましょう。

フィンにもいろんな種類があり、硬さや大きさが違います。レンタル器材の場合、毎回同じものを使えない可能性もあります。前回ダイビングしたときにはスイスイと水中を進めたのに、フィンが変わったら、今回は全く進まないといったこともしばしばあります。

他の例では、マスク。どれでも同じように見えて、実は奥が深いです。マスクが変わると水中での見え方が大きく変わったりもします。水中での見え方はダイビングのストレスに大きく関連しますから、重要ですね。

このようにマイ器材を持つことによって得られる慣れや自分のストレスがなくなることっていうのはとても大きなメリットのひとつと考えています。

メリット②:ダイビングが上手になる

他のメリットとして、ダイビングが上手になるということが挙げられます。

レンタル器材の場合メーカーも種類も異なるので、自分に合っていない機材を使い続けることになりかねません。また、種類の違うものを借りた場合、潜るたびに器材の使い方を覚えていく必要があったりします。例えば、BCDと言われる浮力を調整する機会機材の使い方はメーカーによりかなり異なりますし、水中を泳ぐためのフィンもメーカーや種類によって硬さや大きさが大きく異なるので、水中でのバランスや推進力に大きな差が生まれます。

いつもの器材を使えるマイ器材であれば、余計なことを考えずダイビングのことに集中できます。ダイビングに集中ができるようになるとスキルの習得や魚をみたりするだけ考えればよくなるので、ダイビングの上達をするのも非常に速くなります。

ライセンス取得時には、スキルは覚えたてでまだまだ慣れるので精一杯。その後、ダイビングの経験を積む中でレベルアップしていきます。そのとき、マイ器材があるかどうかで、その後の成長スピードは大きく異なっていきます。

メリット③:ダイビングに詳しくなる。

3番目に考えられるのはダイビングの器材についての知識や情報に詳しくなる、ということです。器材に詳しくなるとダイビング自体の知識も当然のように自然に学ぶことになります。

ライセンスを取得したばかりの頃はダイビングの器材についてはよく分からないことが多いはずです。

器材の購入を決めると、どんな器材が自分にあっているのか、どんなダイビングをするから、どんな器材がいいのか、ダイビングの環境にあった器材はどれか、などの情報を知ることになります。
その過程で、ダイビングに関する知識はどんどん増えていきます。ダイビングは器材を中心としたスポーツであり、また普段はなかなか体験できない行為をするスポーツでもありますから、知識を持っていくことがとても重要で、知識の量に応じて上達度も変わっていく傾向にあります。

ダイビングに詳しくなるために、ではなくてもマイ器材を持つことでダイビングに詳しくなり、最終的にはダイビングの上達にもつながっていきます。

メリット④:トラブルを回避できる

器材の使い方はダイビングをする上でとても重要な要素です。

リゾートでライセンスを取ったダイバーにありがちなのが器材をセッティングすることを現地のスタッフに完全に任せていて、自分では何も器材のセッティング方法がわからないということです。

もちろん、それでもダイビングはできますが問題は何かトラブルが起きたとき。

自分でどういうふうにどこを触ればいいのか、どんなことに気をつけるばいいのか、それが分からない。そのためトラブルに全く対処できず大きな問題に発展してしまうのです。

少なくとも最低限の器材の知識を持つことが重要ですが毎期在であれば自分の機材ですからとても詳しく知ろうと思いましまた覚えるのも早いと思います自分の機材を持っていると他の人の機材にも興味がわくようになりますするとほかのキザイについても知識が深まるさらに機材の使い方を覚えることにつながっていきますそうすることでタイミング自体の上達も非常に速くなると考えられるでしょう

最後に考えられるメリットは長くダイビングをつづけられるようになるということです。やはり自分の機材をもっている人とそうでない人ではダイビングに対する愛情も愛着も変わってきます形から入るという事は非常に重要で何をするにしても続けるためには自分の道具を持つということがかけになります。せっかく買ったのだからダイビングだいびんぐをやろうとユウ気持ちにもなりますが何より自分の機材を使いたいと思うことがとても重要でそれが上達にもつながっていきます。ダイビングお上達したいと思ったている人は当然ながらま行きたいおもつことでさらにダイビングしたいという気持ちも高まるでしょう。