ダイビングライセンスの取り方⑤:指導団体SSIのライセンス

2016-04-22

ダイビングのライセンスを取得する時に考えることになる最初のステップが、どのダイビングスクール(ショップ)でライセンスを取得しようかということです。
どのダイビングスクールでライセンスを取得するかと同時に、どのダイビングライセンスの指導団体を利用するかも自ずと決まってきます。

ここではシャークアイのインストラクターが所属する指導団体のうち(SSIとPADI)、SSIでのライセンス(Cカード)取得の特徴について考えてみたいと思います。

特徴①世界で通用するCカード

SSIは、PADIやNAUIと並ぶ世界のメジャー指導団体で世界基準の講習を提供しています。世界に2400店舗以上のネットワークを持ち、世界基準の講習カリキュラムに基づいてダイバーの指導や育成を行っています。そのため、世界のどこのダイビングスポットにおいてもSSIのライセンス(Cカード)は信頼性が高いとみなされます。

SSIの講習プログラムはISO(国際標準化機構)の認証を受けており、国際基準に合致したことが国際的にも認められています。このISO認定を取得しているのは指導団体でもSSIとPADIの2つだけです。数多くの指導団体の中でも特に信頼性が高いと言えます。

特徴②レベルの高いインストラクターが揃っている

SSIのプログラムは、安全性に力を入れており、さらに安定したダイビングのスキルの習得を可能としています。充実したプログラムで楽しみながら継続していくことで自然とダイビングのスキルも上がり、安全性も高まります。

それを支えるのが、SSIのインストラクターです。全て店舗に所属し、最新の情報に基づいた講習を提供しています。インストラクター自身もSSIの継続教育を受けており、最新の情報をアップデートすることが出来る体制が整っているなど、インストラクターのクオリティも高い状態で保たれています。そのため、ダイビングライセンスの講習も質が高いのです。

特徴③継続的に楽しみながら学びレベルアップできるプログラム

SSIでは継続的に、楽しみながらレベルアップしていくプログラムが用意されています。

ナビゲーションや、ディープダイビング、ストレス&レスキュー、デジタル水中写真など、多様な種類のライセンスの教育プログラム(スペシャリティ)が用意されています。ダイビングのライセンスを取得した後もレベルアップして、世界の海を潜りたいはず。

この機会によく分からないことがあったら、とりあえず質問してみましょう。
そうすることで加速度的にレベルアップし、世界の海を自信をもってダイビングすることができるようになります。

シャークアイはSSI

シャークアイではSSIに所属しており、安全性と楽しくレベルアップできるプログラム開発に力を入れています。

とにかく楽しいのが一番。初めてのことで不安も多いですが、楽しんでいるとそんなこともすっかりわすれて、しっかり学べます。
経験豊富で個性のあるインストラクーやダイブマスターも揃っているので、自分にあったスタイルでライセンス取得が可能です。

ともに世界の海を旅しましょう!