船酔いにならないように、どう対処したらいい?:ダイビングのよくある質問 Vol.2

2016-05-17

ダイビングを始めたい!だけど、ちょっと不安が・・・という方の質問にダイビングスクールのインストラクターがお答えするコーナーです。

今回はよくある質問のひとつ、「船酔い」についてです。

「ダイビングをやってみたいんだけど、揺れに弱くて船酔いするんです。ダイビングってボートで長時間移動したり、波に揺られたりして、船酔いするイメージがあるんですが、大丈夫でしょうか」
こんな質問をよく受けるのですが、もちろん答えは「大丈夫!」です。ではどうやって対処するかご紹介していきましょう。

対処法その①:船での移動を避ける

意外と思われるかもしれませんが、船での移動をしなければ船酔いする確率はぐっと下がります。当たり前ですよね。でもダイビングでそんなこと可能なの?と思われるかもしれません。

実はビーチエントリーといって、浜や桟橋から海に入る方法もあるのです。伊豆のダイビングスポットでは、そのかなり多くがビーチエントリー。タンクを背負ったまま浜から海にゆっくり入っていきます。

陸に近い場所でダイナミックな地形をしている伊豆のダイビングでは、ビーチエントリーからでも良いダイビングスポットにアプローチできるというメリットがあります。

または船により移動距離自体を短くするという方法も考えられます。沖縄や海外と違って、伊豆の場合は船に乗ったとしてもダイビングスポットまでの距離が短いので、3~5分くらいの短時間でアプローチすることができ、乗船時間が短くなります。それによって船酔いのリスクは下がるのです。

対処法その②:船の乗り方を工夫する

それでも、よいダイビングスポットというのはボートでいくようなところにも多いのは事実。まして海外とかだとボートので少し長めの移動はよくあることです。したがって、なんらかの工夫は必要になります。

そこで考えられる方法としては船の乗り方を工夫して酔い難くすることです。

船に乗るときは、船の中央から船尾のあたりまでが揺れにくいのでそのあたりに座るようにすること。さらに、よい空気を吸っていると酔いにくいので適度に風に当たったりして気分転換するのも有効です。

また、下を向くと酔いやすいことも知られているので、海の水平線など出来るだけ遠くのものをみるようにすると酔いにくいです。

対処法その③:酔い止めを使う

酔い止めを使う方法ももちろん有効です。酔い止めといっても、薬だけではなく、ツボに作用して酔いにくくするグッズもあります。

薬の場合は、医師にダイビングにする旨を伝えて有効で安全なものを処方してもらうことが大事です。一般の酔い止めを使う方も多いですが、一度医師に指示を仰ぐのも良いでしょう(ダイビングを始める前にはいずれにしても健康診断を受けてダイビング可能であることを確認する必要はあるので、そのタイミングで酔い止めや持病の薬などの影響について確認すると良いでしょう)

ツボを押すタイプは「酔い止めバンド」というもので、手首にはめるだけで船酔いしにくくなるというものです。個人的にはすごく効きますが効果は人により違うらしいので一度試してみるといいかもしれません。

対処方法はさまざまあるので安心して大丈夫

ボート以外でも水面近くで波に揺られたり、海の中で陸と異なる平衡感覚になったりして、船酔いになることは少なくはありません。

早め早めの対処が一番なので不安な方は、ダイビングの前に船酔いの予防や対処法を試しておくと良いでしょう。

もちろん、その日の体調にも左右されますので注意が必要で、ダイビングの当日はしっかり体調を整えてダイビングに臨みましょう。

いずれにしても船酔いの対処方法はさまざまあるので、不明な点はインストラクターに相談して解消するようにしましょう。

無料PDF
【ライセンス(Cカード)取得の前の必須チェック項目】
(メール講座付)

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。
もちろん、いつでも解除可能です。
は必須項目)

 

ダイビング ショップ関連記事

  • ダイビングってどれくらいの深さと時間潜るの?:ダイビングのよくある質問Vol.3

    ダイビングでよくある質問にダイビングスクールのインストラクターがお答えするコーナー第3弾は「ダイビングの潜水時間と潜水深さ」です。 「ダイビングライセンスを取ろうと思うんですが、実際のダイビングではどれくらいの時間潜って […]

  • 船酔いにならないように、どう対処したらいい?:ダイビングのよくある質問 Vol.2

    ダイビングを始めたい!だけど、ちょっと不安が・・・という方の質問にダイビングスクールのインストラクターがお答えするコーナーです。 今回はよくある質問のひとつ、「船酔い」についてです。 「ダイビングをやってみたいんだけど、 […]

  • 耳抜きがうまくできない:ダイビングのよくあるご相談 vol.1

    ダイビングのライセンス取得を計画されているかた、すでにダイバーになっているからからのよくある質問で「耳抜きがうまくできない」というものがあります。 耳抜きなんて、普段そんなに意識してやらないから基本的には耳抜きは皆さん苦 […]

  • 埼玉県内のダイビングショップってどれくらいあるのか?

    埼玉県は海に面していないため「海なし県」なんて、なんだか寂しい言い方をされたりします。 その埼玉県にダイビングスクールの店舗を構えるシャークアイですが、同じく埼玉県で頑張っているダイビングショップやダイビングスクールって […]

  • 埼玉や都内から伊豆のダイビングスポットまでの移動手段

    埼玉県にダイビングスクールを構えているから、というわけでもないと思いますが、よくある質問の一つが「埼玉から伊豆まで移動ってどうするんですか?」というもの。 今回は埼玉や都内からの伊豆までの移動について考えてみたいと思いま […]

  • ダイビング女子のお悩み相談③:お肌と髪のケア

    ダイビング女子のお悩み相談、第3弾は「お肌と髪のケア」についてです。 書いていくについて段々女子力があがってきている気がします。 ダイビングショップ(スクール)のスタッフとしても、お客様と接する仕事している関係上、お肌と […]

  • ダイビング女子のお悩み相談②:トイレ

    ダイビングやってみたい女子のお悩みとしてよくあるご質問にダイビングショップ(スクール)のインストラクターが答えるシリーズ第2回目は「トイレ」について。 「トイレってどうしているんですか?」という質問について、答えてみたい […]

  • ダイビング女子のお悩み相談①:生理の時のダイビング

    ダイビングスクールという特性上、ダイビングやってみたい女子のお悩み相談をよく受けます。 その中で、よくあるご質問についてシリーズで答えていきたいと思います。 初回は、「生理の日はダイビングできますか?」という質問について […]

  • ダイビングショップ、スクールの出来ること出来ないこと

    ダイビングショップ(スクール)という存在は一般の人にとってはとても馴染みのない存在です。 一体どんなことをしている場所なのか、よく分からないところですよね。 今回は、ダイビングショップ(スクール)がどんなことをしている場 […]

  • ダイビングショップとの出会いは一生モノ!?

    ダイビングを始める時に多くの人が検討するのが、ダイビングスクールやダイビングショップの活用ではないでしょうか。 現在、日本にはダイビングショップやスクールが多数存在しています。その多くは都市部かダイビングスポットの近郊に […]