伊豆で見れる熱帯のカラフルな魚たち

2015-04-05

今回は伊豆で見ることができる熱帯のカラフルな魚たち「季節来遊魚」のお話をしたいと思います。

季節来遊魚と言われても、一般には馴染みのない言葉で何だかよくわかんないですよね。
まずは、季節来遊魚とは何かからお話をしていきます。

季節来遊魚とは、夏の季節から秋にかけて、普段は沖縄などの九州以南の、南方の温かい海に生息する種類の魚たち(通称でいう熱帯魚)が、本州南岸に沿って流れる世界有数の暖流である黒潮や台風の影響により、本来は生息域ではない九州以北の本州沿岸に流されてきた魚達のことになります。

詳しいことは確かめられていませんが、南方の温かい海で生まれ卵のまま流されて、本州沿岸で幼魚に成長するか、あるいは小さな幼魚の状態で黒潮に乗って流され、そのまま本州沿岸にたどり着くか、二つの可能性が考えられています。

 
世界でも有数の暖流である黒潮の影響で、主に本州の太平洋沿岸や太平洋側の島では季節来遊魚を季節によって見ることができます。

もともとは沖縄などの海に生息している季節来遊魚。主には熱帯の魚たちなので、その体はとてもカラフルなものが多く、季節来遊魚がくる季節になると海の中がとても賑やかになります。

 
伊豆近海で見ることができる季節回遊魚の種類として代表的なものは、クマノミ、ムレハタタテダイ、チョウチョウウオなどが挙げられます。その種類は多く、非常に多岐なものです。

9eeb6ec2-s

わざわざ沖縄や南の島にいかなくても伊豆の海でカラフルな魚達を見ることができるという点においても、私たちは黒潮の恩恵に感謝をする必要があるでしょう。

季節来遊魚として有名なクマノミやムレハタタテダイなどの小さな魚達だけではなく、黒潮に乗ってくるという意味で季節来遊魚として考えてもよいものに、大型の回遊魚も含まれます。
 
 
例えば、マンタやジンベエザメなど、南の島にしかいないとと思われているような大きな魚たちも黒潮に乗って伊豆周辺の海で見ることができます。当然海が温かい時期に海の中での遭遇例が報告されますので、季節来遊性があると考えていいのではないかと思います。

季節来遊魚という黒潮の恩恵によって、伊豆では多くの魚たちを見ることが出来ると言っても過言ではないかもしれません。

かわいくてカラフルな季節来遊魚たち。しかし、その季節来遊魚には悲しい運命が待っています。

もともとは一年中水温が高い南の海に生息している魚たちなので、夏の時期から秋にかけての水温が高い時期は良いのですが、伊豆を含めて多くの本州沿岸の地域のように冬場から春先まで水温が下がってくる時期がある地域では季節来遊魚は生きていくことができません。

 
元々は南の魚ですから、水温の低下に対応することができずに制御になる前に命を落としてしまうのです。

 
このように季節来遊魚はダイバーたちにとっては楽しみの一つなのですが、魚たちにとっては非常にチャレンジングな海の旅なのです。

しかし、季節来遊魚の中には越冬して伊豆に定着するものもいます。

例えば、クマノミ。クマノミのある種は、一年中定着している個体が伊豆では確認されていて、冬の間も観察することができますし、卵を産んで育てる姿も確認することができます。

また、伊豆の特定の場所では立派なサンゴをみることが出来ます。ちなみにサンゴは生息域が北に広がってきていると言われていて、温暖化の影響が疑われています。

このように、近年は海水温の上昇により、流れ着いた先でも季節来遊魚が越冬するケースが見られるようになり、魚たちは生息域を広げつつあります。

水温の上昇もあるかもしれませんが、魚たち自身ももしかすると低い水温に対応するタイプの進化を遂げている可能性もあります。生命の順応力は人間が思っているよりも高いのです。伊豆では季節来遊魚を通じて、生命のダイナミックさを感じることもできます。

しかし季節来遊魚の多くの種は、やはり水温の低下に耐えることができず、冬になると姿を消してしまいます。ですから、夏から秋にかけてのみ見られる季節来遊魚は、非常に貴重な儚い命なのです。

 
そんな生命のドラマをしっている、伊豆ダイバーたち。季節来遊魚が現れ始めると多くのダイバーか、その魚たちに愛着を示して、大事に観察をしています。季節来遊魚は南の島の魚たちであり、多くの場合、幼魚であることが多いので、小さくてとっても可愛い姿をしているのです。

魚は小さいころは成魚とは異なるカラフルで特徴のある色をしていることが多いので、ダイバーの中でも幼魚自体が人気があります。

ちなみにダンゴウオという北からやってくる季節来遊魚もいます。伊豆には黒潮(日本海流)が流れ込みますが、冬場は水温が下がり、北から親潮(千島海流)に乗ってやってくる北方の魚も流れ着く場所でもあるのです。

ダンゴというよりもスライムのような可愛いらしい体をしたダンゴウオ。その愛らしい姿は4月から5月くらいの春先のみしか見ることができません。彼らもまた季節来遊魚なのです。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

このように季節来遊魚は、伊豆のダイバーにとって欠かせない生き物であり、生命のダイナミックな営みを教えてくれる貴重な存在なのです。

無料PDF
【ライセンス(Cカード)取得の前の必須チェック項目】
(メール講座付)

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。
もちろん、いつでも解除可能です。
は必須項目)

 

ダイビング・伊豆の関連記事

  • 【ツアー日記】5/27 八幡野ダイビング

    今回のツアーは東伊豆のダイビングスポット、八幡野に行ってきました〜。このところ、あまりにも賑やかな海が続いていた伊豆海洋公園に入り浸りでしたが、今日はイベントデーということもあり、八幡野へ。   伊豆海洋公園も […]

  • 【ツアー日記】5/17 伊豆海洋公園ダイビング

    5月17も 連日の伊豆海洋公園ダイビング!   この日も例のあの子にEYEに、いや、会いに行ってきました。 ちゃんと待っててくれましたよ!一体いつまでいてくれるのでしょうか。サービス精神が旺盛なこの子は今日も優 […]

  • 【ツアー日記】5/16 伊豆海洋公園ダイビング

    5月16日も楽しく都心から一番近いダイビングリゾート、伊豆でダイビングを満喫してきました!   本日も話題沸騰のタイマイに出会うために伊豆海洋公園まで! ご機嫌だったのか、それとも恥ずかしがらなくなったのか、水 […]

  • 【ツアー日記】5/15 伊豆海洋公園ダイビング

    5月15日の伊豆ツアーは、ファンダイブ(通常のダイビングのことね)と講習のセットでした。   場所は伊豆海洋公園。このところ、ある生物で話題沸騰なんです。。。。 そう、その生物とは「タイマイ」。伊豆海洋公園に居 […]

  • 【ツアー日記】5/13 伊豆海洋公園ダイビング

    今回も伊豆海洋公園でのダイビング。相変わらず賑やかな海が続いています。 コンディションは良好。透視度は8-15m、気温20度 水温16度。この時期の海としては安定した状況です。 天気は残念ながら、ピーカンの晴れとはにはな […]

  • 【ツアー日記】5/10 伊豆海洋公園ダイビング

    ゴールデンウイークが終わって、世間はまた日常に戻りつつありますが、伊豆の海は好調が続いております。 今回も伊豆海洋公園まで行ってきました〜。   気温は22度、水温はまだまだちょっと低めの16度。ただ、段々と […]

  • 【ツアー日記】5/6 伊豆海洋公園ダイビング

    さてさて、ゴールデンウイークもいよいよ残りわずかとなりましたね。なんで連休の終わりはいつもこんなに寂しい気持ちになるのだろう。。。。それほど遊びたい!ということかなぁ。   5月6日も伊豆海洋公園に行ってきまし […]

  • 餅つき大会です!
    【ツアー日記】5/5 餅つき&伊豆海洋公園ダイビング

    5月5日はこどもの日。 ゴールデンウイークも残り少なくなってきましたが、こどもの日も子供に負けないくらい元気に遊んできましたよ!   まずはダイビング! 伊豆のダイビングのメッカである伊豆海洋公園でガンガンに潜 […]

  • GWも満喫中
    【ツアー日記】5/4 ゴールデンウイーク2017真っ盛り

    本日は、5月4日(祝)。 GW真っ盛り、天気は気持ちの良い5月晴れの陽気です。青空と澄んだ空気の中で、伊豆のダイビングを満喫しています。 青い空と、青い海、遠く海の向こうには伊豆大島がよく見えます。 この時期の伊豆は気温 […]

  • 伊豆でダンゴウオに会いにいく

    伊豆のダイビングの大人気者であるダンゴウオに会える季節が近づいてきました。 というかもうダンゴウオがいます! 今回はダンゴウオという小さな魚についてお話をしていきたいと思います。 ダンゴウオってどんな魚 大きさ、わずか2 […]

  • 秋真っ盛り、というか伊豆の夏真っ盛り!?の秋海

    気がつけば10月ですね〜、一年が過ぎていくのが異様に早くなっている気がします。 年をとった。。。。ということかもしれません。あーいやだ、いやだ。     そんな年寄り話はさておき、10月に入っても伊豆の海は絶好調。という […]

  • ダイビングのベストシーズンはいつ?

    「ダイビングを始めたいんですけど、いつがベストシーズンですか?」という質問を受けます。 ダイビングのベストシーズンの考え方って一体いつなのでしょうか。普段は伊豆でのダイビングを中心に活動しているSHARK EYEですが、 […]

  • 伊豆のダイビングは黒潮の恩恵により成り立っている

    今ではメジャーなスポーツとなってスキューバダイビングですが、その発祥は伊豆海洋公園にダイビングセンターが設立されたことから始まったと言われています。それからずっと世界でも有数のスポットとして伊豆は知られてきました。 今回 […]

  • 伊豆で楽しめる多様な地形を生かしたダイビング

    伊豆ではその多様な地形を活かして、様々なスタイルのダイビングを楽しむことができます。今回は、伊豆の特長的な地形を生かしたダイビングについて考えてみたいと思います。 伊豆が多様な地形であることのメリット 伊豆の地形が多様で […]

  • ダイビングを中心とした伊豆の林間学校を楽しむ

    SHARK EYEではクラブハウスの存在をとても大切にしています。   それはなぜか。 クラブハウスはSHARK EYEで伊豆のダイビングを楽しむ方が集う場所でありますが、それよりも都会の喧騒や普段の生活を離れる、その場 […]