伊豆らしいダイビングといえば、やっぱり漁船!

2015-04-05

ボートダイビングという選択肢

伊豆のダイビングといっても様々なスタイルのダイビングがあります。ビーチから水中にはいるビーチエントリーのダイビング、ボートから水中に入るボートダイビング、流れに乗っていくドリフトダイビング、夜に潜るナイトダイビング、洞窟の中を探検するダイビング、沈潜の中などを泳ぐレックダイビング。伊豆ではこのような多様なダイビングスタイルが楽しめます。

今回はその中でも伊豆のボートダイビングについて書いていきます。

まず、そのまえにダイビングとエントリー方法の選択についての基本を考えてみます。
ダイビングで魚影が濃いとされる水深は水深20m付近までとされていてダイビングに適正な水深は30m程度とされています。伊豆ではビーチから少し入るだけで水深が20mを超えることが多いのです。つまり、伊豆のダイビングの特徴はそのダイナミックな地形であり、深さや地形の違う場所に多様な魚たちがいて、それを楽しむことができます。

そのような地形を持った伊豆のダイビングですから、ビーチから歩いて入るビーチエントリーダイビングが基本。とっても安全に水中に入っていくことができます。

ただ、ダイビングにはボートダイビングという選択肢があります。

ボートダイビングの魅力は、ビーチからは行けない手付かずのポイントに行けることや、ドリフトダイビングなどように流れにのってダイビングするという方法が楽しめることです。一般にビーチの付近には熱帯魚などを含む小さい魚たちが多く、流れのある海流が当たりやすくなるビーチから離れた場所には大型の回遊魚が増えていく傾向があります。従って、ボートダイビングではビーチとは違った魚たちが見れることになります。また、ビーチとは違って人間の手があまり入っていない場所を潜ることができますので、魚や海の植物も自然のままで悠々自適に過ごしている姿を見ることができます。

ちょっとした特別感。これがボートダイビングの最大の魅力と言えるでしょう。

漁船でボートダイビング

ワクワクしちゃうボートダイビングですが、世界でも例を見ない?伊豆ならではのボートダイビングといえば、「漁船」を使ったボートダイビングなのです。

そう「漁船」です。漁師さんの船です。

ダイビングでボートというと、海外のリゾートでよく見られるスピードボートや水上観光船、ダイビング専用のクルーズ船のイメージが強いのではないでしょうか。そういう船を出しているところも、伊豆にももちろんあります。伊豆は漁船じゃないとボートダイビング禁止!とはなっていないので(笑)しかし、いくつかのポイントでは漁船をつかってのボートダイビングが行われているのです。

なぜ漁船を使ったボートダイビングなのか。

伊豆の20箇所以上のダイビングスポットは基本的にその地元の漁港にあります。いくつかのダイビングスポットでは地元の漁業協同組合の皆さんがダイビングセンターを運営されている場合があるのです。ですから利用する船も漁船になることがあってもおかしくないですね(笑)。

漁船の船長さんの合図で船に乗り込み、合図で海に飛び込む。まるでダイビングではなくて漁に行く気分(笑)
そんなミスマッチがとっても魅力的です。

漁師の船長さんの魅力

ただ、実は漁師の船長さんが案内してくれることには大きなメリットがあります。その一つは、地元の伊豆の海を知り尽くした海のプロフェッショナルであるということ。
ボートダイビングでは場所を正確に掴み案内する技術などが非常に重要になります。その点、海のプロフェッショナルである漁師の方が、ボートを操船してくれるのはとても安心なのです。

そしてもう一つのメリットは、安全性です。ビーチと異なり、流れのあることも多いボートダイビングでは、ダイバーの動きを見ながら船を操作し、安全に船に戻ってきてもらうことが必要になります。
その点、伊豆の海流や波の動きなど知り尽くしている伊豆の漁師の皆さんですから失敗はありません。何より漁師さんは日々海での安全作業に最新の注意を払って作業されている方ばかりなので、とっても安心なのです。

漁船はボートダイビング用の船ではありませんが、もちろん波にも強い設計です。普段は漁師の船長さんたち。もちろん、船の船長さんによって雰囲気がちょっと違ったりします。優しく話しかけてくれる人、ちょっと強面だけど実は優しい人など、ダイビングを生業にしている人ではないけど、そこには新しい出会いがあります。だって、普段漁師さんと出会うことないでしょう?(笑)

ダイビングという場にいろんな人がいる。それも伊豆のダイビングの特徴なのかもしません。

ところで、伊豆で漁船に乗ってダイビングに行くと、魚を見にいくというよりも魚を獲りに行く気分になってしまうところが難点です(笑) 男性はまさに海のオトコの気分、女性はかわいい海女ちゃんになった気分になってしまうことでしょう。

伊豆の漁船でのボートダイビングはその楽しみ方があり、スピードボートやクルーズ船はその楽しみ方があります。
どちらも体験しておくことで、自分のダイビングの幅を広げられるだけでなく、あなたのダイビングの思い出に残る1ページが作れるのではないでしょうか。

無料PDF
【ライセンス(Cカード)取得の前の必須チェック項目】
(メール講座付)

下記のフォームに記入して「確定」ボタンをクリックしてください。
もちろん、いつでも解除可能です。
は必須項目)

 

ダイビング・伊豆の関連記事

  • 【ツアー日記】5/27 八幡野ダイビング

    今回のツアーは東伊豆のダイビングスポット、八幡野に行ってきました〜。このところ、あまりにも賑やかな海が続いていた伊豆海洋公園に入り浸りでしたが、今日はイベントデーということもあり、八幡野へ。   伊豆海洋公園も […]

  • 【ツアー日記】5/17 伊豆海洋公園ダイビング

    5月17も 連日の伊豆海洋公園ダイビング!   この日も例のあの子にEYEに、いや、会いに行ってきました。 ちゃんと待っててくれましたよ!一体いつまでいてくれるのでしょうか。サービス精神が旺盛なこの子は今日も優 […]

  • 【ツアー日記】5/16 伊豆海洋公園ダイビング

    5月16日も楽しく都心から一番近いダイビングリゾート、伊豆でダイビングを満喫してきました!   本日も話題沸騰のタイマイに出会うために伊豆海洋公園まで! ご機嫌だったのか、それとも恥ずかしがらなくなったのか、水 […]

  • 【ツアー日記】5/15 伊豆海洋公園ダイビング

    5月15日の伊豆ツアーは、ファンダイブ(通常のダイビングのことね)と講習のセットでした。   場所は伊豆海洋公園。このところ、ある生物で話題沸騰なんです。。。。 そう、その生物とは「タイマイ」。伊豆海洋公園に居 […]

  • 【ツアー日記】5/13 伊豆海洋公園ダイビング

    今回も伊豆海洋公園でのダイビング。相変わらず賑やかな海が続いています。 コンディションは良好。透視度は8-15m、気温20度 水温16度。この時期の海としては安定した状況です。 天気は残念ながら、ピーカンの晴れとはにはな […]

  • 【ツアー日記】5/10 伊豆海洋公園ダイビング

    ゴールデンウイークが終わって、世間はまた日常に戻りつつありますが、伊豆の海は好調が続いております。 今回も伊豆海洋公園まで行ってきました〜。   気温は22度、水温はまだまだちょっと低めの16度。ただ、段々と […]

  • 【ツアー日記】5/6 伊豆海洋公園ダイビング

    さてさて、ゴールデンウイークもいよいよ残りわずかとなりましたね。なんで連休の終わりはいつもこんなに寂しい気持ちになるのだろう。。。。それほど遊びたい!ということかなぁ。   5月6日も伊豆海洋公園に行ってきまし […]

  • 餅つき大会です!
    【ツアー日記】5/5 餅つき&伊豆海洋公園ダイビング

    5月5日はこどもの日。 ゴールデンウイークも残り少なくなってきましたが、こどもの日も子供に負けないくらい元気に遊んできましたよ!   まずはダイビング! 伊豆のダイビングのメッカである伊豆海洋公園でガンガンに潜 […]

  • GWも満喫中
    【ツアー日記】5/4 ゴールデンウイーク2017真っ盛り

    本日は、5月4日(祝)。 GW真っ盛り、天気は気持ちの良い5月晴れの陽気です。青空と澄んだ空気の中で、伊豆のダイビングを満喫しています。 青い空と、青い海、遠く海の向こうには伊豆大島がよく見えます。 この時期の伊豆は気温 […]

  • 伊豆でダンゴウオに会いにいく

    伊豆のダイビングの大人気者であるダンゴウオに会える季節が近づいてきました。 というかもうダンゴウオがいます! 今回はダンゴウオという小さな魚についてお話をしていきたいと思います。 ダンゴウオってどんな魚 大きさ、わずか2 […]

  • 秋真っ盛り、というか伊豆の夏真っ盛り!?の秋海

    気がつけば10月ですね〜、一年が過ぎていくのが異様に早くなっている気がします。 年をとった。。。。ということかもしれません。あーいやだ、いやだ。     そんな年寄り話はさておき、10月に入っても伊豆の海は絶好調。という […]

  • ダイビングのベストシーズンはいつ?

    「ダイビングを始めたいんですけど、いつがベストシーズンですか?」という質問を受けます。 ダイビングのベストシーズンの考え方って一体いつなのでしょうか。普段は伊豆でのダイビングを中心に活動しているSHARK EYEですが、 […]

  • 伊豆のダイビングは黒潮の恩恵により成り立っている

    今ではメジャーなスポーツとなってスキューバダイビングですが、その発祥は伊豆海洋公園にダイビングセンターが設立されたことから始まったと言われています。それからずっと世界でも有数のスポットとして伊豆は知られてきました。 今回 […]

  • 伊豆で楽しめる多様な地形を生かしたダイビング

    伊豆ではその多様な地形を活かして、様々なスタイルのダイビングを楽しむことができます。今回は、伊豆の特長的な地形を生かしたダイビングについて考えてみたいと思います。 伊豆が多様な地形であることのメリット 伊豆の地形が多様で […]

  • ダイビングを中心とした伊豆の林間学校を楽しむ

    SHARK EYEではクラブハウスの存在をとても大切にしています。   それはなぜか。 クラブハウスはSHARK EYEで伊豆のダイビングを楽しむ方が集う場所でありますが、それよりも都会の喧騒や普段の生活を離れる、その場 […]